猫の好き嫌い

ドライタイプ、ウェットタイプ、プレミアムキャットフードなどの種類があり、どの年齢のネコにも対応出来るようになってきている昨今のキャットフードですが、様々な商品があるように、様々な種類のネコがおり、そのネコの中でも色々な性格があります。性格が違うということは、それに応じて好みのキャットフードがあり、それはドライタイプなのか、ウェットタイプなのか、それともプレミアムキャットフードなのかは、飼い主にも最初はわからず、日々の生活でネコの好みをしっかりと覚えていくことが、飼い主としての責任です。

しかし、どのタイプのキャットフードを与えるとしても、どの様な成分が含まれているかは、しっかりと飼い主がチェックをするべきであり、原材料が不透明なキャットフードは、人工着色料や防腐剤などが、大量に含まれている事が多く、ネコの健康状態を逆に悪くしてしまう可能性もあるので、出来るだけ無添加のキャットフードを食べさせ、ネコの健康状態を守っていくことが大切です。

ネコを飼った最初は、エサの問題に確実に苦労をする人が多いと思いますが、エサはネコの一生を決める大切な物であり、食べなくてはならないもの。飼いネコの好みをしっかりと理解していくことが、飼い主としての責任だと思います。

種類が沢山の訳

ネコのエサであるキャットフードは、現在では、ペットショップ以外にも、ホームセンターやスーパーなどでも、何処でも購入することができ、インターネットなどを使い、ネットショッピングをすれば、世界中どこのメーカーのキャットフードも購入することができる時代になっています。もちろん購入の仕方は、飼い主の自由なのですが、スーパーやペットショップでキャットフードを探しているときに、キャットフードの種類に疑問を持った人は少なくないと思います。

一般的に想像するドライタイプのカリカリであるキャットフードや、素材に近い状態のキャットフードであるウェットタイプ。最近では、ネコの健康面を最大限に考えたプレミアムキャットフードなども販売しており、様々なメーカーから様々な商品が出ています。どのタイプのキャットフードも使いどころがあり、常に同じキャットフードだけを与えていれば大丈夫ということではありません。

もちろん無添加で、栄養バランスをしっかりと考えている物に越したことはありませんが、どうしてもコストがかかってしまい、途中で断念してしまう飼い主も少なくないのでは?安いキャットフードは、素材などが不透明で、ネコの健康状態を悪くする可能性はありますが、頼るときもあるはず。その時に、いかに収入に見あったキャットフードを調べ、最大限にネコ健康状態を考える事が飼い主の重大な責任だと思います。

健康を守ろう

キャットフードの中でも、無添加のキャットフードはネコにも非常に好まれやすく、外れがありませんが、無添加製品のキャットフードはコストがかかってしまうことも事実です。コストを抑えるために、少し低価格なキャットフードを買ってしまう場合も当然あり、低価格のキャットフードが全て悪いわけではありませんが、それを日常的に与えてしまうと、どうしてもネコの健康状態が悪くなり、病気になりがちになってしまうことは事実です。

キャットフードなのだから関係ないし、と考えている人もいると思いますが、たまに与える事は確かに問題は少ないと言えます。しかし、低価格のキャットフードは、人間で例えるとジャンクフードと呼ばれる栄養バランスがしっかりしていない場合が多く、人間でも毎日ジャンクフードを食べていたら体調を崩すのに、ネコが崩さない訳はあり得ません。

たまに、与えればいつもと違う味と感じて、食欲も上がりますが、毎日食べさせる事は、ネコの健康状態を悪くする可能性が非常に高いので、基本的には、少しコストがかかってしまっても、無添加のキャットフードを与えることが、ネコの健康状態を守っていけますし、人生のパートナーとして、長い時間を過ごせるかと思います。

キャットフードで健康

現在の日本では、様々なペットを飼っている人がおり、非常に珍しいペットから、一般的に誰もが知っているペットなど、様々だと思います。今回は、犬と同じぐらいに有名で、愛着のあるペット、ネコについて紹介をしていきます。ネコは、非常に愛くるしい姿をしており、ペットとして飼ったことがある人は、一度はネコを抱きしめたりなどのスキンシップを取ったことがあるかと思いますが、愛くるしいネコを長生きさせるためには、ネコの健康状態をしっかりと管理するのは、当然飼い主の重大な責任です。

健康状態を見ていく上で、重要なファクターとして、ネコの食生活は間違いなくあげられますが、ネコの食生活をしっかりと管理している人はいるでしょうか?完全に室内で生活をしているネコ以外は、ほとんどのネコが外にでて遊びに行く場合があるので、食生活や体調を管理することはなかなか難しい事ではないでしょうか?

しかし、飼いネコは 自由気ままに飼い主の元に戻ってきて、食べ物を要求したりと、見ていて飽きることはありませんが、外で何を食べたか、わからない場合は、キャットフードなどにも、気を使い出来るだけ、栄養バランスが優れていて、無添加の物がおすすめです。ネコは自分が嫌いな食べ物はほとんど食べないので、無添加の食べ物ならしっかりと食べてくれる場合が多くあります。自由気ままなネコだからこそ、常に元気でいられるように、飼い主はネコの食生活を自分のできる範囲で、管理することが非常に重要です。